「フレーム(ボディ)の素材の種類と特徴!」

アルミ製の特徴

「最もポピュラーな素材といえるアルミニウム合金。他の素材よりも固く感じ、ペダルの踏み込みをロス無く伝えてくれます。素材自体の軽さも相まって、かなりシャープな走り心地なのが特徴で、ダイレクトな突き上げ感もあるため乗り心地はイマイチな素材です。

しかしスポーティーな走行性なため初心者におすすめ。ママチャリとは次元の違う走りを体感出来る素材と言えるでしょう。


・クロモリ製の特徴

「ちょっと玄人好みな雰囲気があるクロームモリブデン製。重量はありますが、アルミ等と比べて細い見た目がお洒落な雰囲気。

乗り心地は柔らかく、衝撃吸収製にも優れているのが特徴であり、レースよりは、長距離サイクリングに向いている。

クロモリは、要するに『鉄』ですから錆びるという点がデメリット。低価格なため人気が高く、衝撃を加えても折れる事無く曲がります。


・カーボン製の特徴

「高価である点をのぞけば、競技用として最高の素材である炭素繊維。超軽量でありながら、ペダルの力をロス無く伝える高い剛性をもち、そして振動吸収性を併せ持つことで長時間のライドも疲れません。

まさに最高の自転車を作るなら欠かせない素材といえますが、高価なため、フロントフォークだけカーボンという車種もあります。ただし、強い衝撃には耐えられず、折れてしまう事もあるので注意


・チタン製の特徴

「丈夫で長持ち、そして軽量、そんな特徴をもつチタン製。しかし他の素材よりも突出している丈夫さ以外は平均点程度であり、加工しにくいという点から高価な自転車になってしまうチタン。

ガシガシ乗り回す、というよりは道楽的な支持が集まる素材であり、かなり玄人好みかつ、コダワリの強い人から人気です。


・マグネシウム製の特徴

「近年注目されている先進素材が、この高純度なマグネシム素材です。実用金属のなかでも強度が高く、アルミやチタンを超える期待があり、まだまだ研究開発途上なため、今後に期待!といえる素材ですが、他の素材と比べて、カナリしなやかな乗り心地が特徴です。




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中